ホーメストのZEH住宅

ホーメストはZEH住宅に対応

今、日本はゼロ・エネルギー化の時代へと歩みを進めています。
それは、住まう人だけでなく、地球環境にとっても優しい暮らしが、
これからの時代に不可欠となるからです。

ホーメストの住まいは、業界トップクラスの断熱性能と気密性能を実現した、
『人と地球にやさしい家づくり』を追求し続けています。

わたしたちは、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に対応していくことはもちろんのこと、
高次元でその基準をクリアしていくことが、本当の意味で資産価値を保ち、
未来へと受け継がれるこれからの住宅だと考えています。

<ホーメストはZEH登録ビルダー>

ゼロエネルギーで暮らそう。

・・・・・・・政府はZEH住宅の普及を推進しています・・・・・・・

[政府目標] 2020年までに、ZEHを標準的な住宅にする

2020年目標
普及率50%
2030年目標
普及率100%


資料請求はこちら


ZEH(ゼッチ)とは?

省エネルギー化を進める政府が目指しているのは、新しい住宅のカタチ「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」。ZEHとは、高い断熱性と気密性と省エネ設備により消費エネルギーを大幅に削減、さらに太陽光発電などでエネルギー収支をゼロ以下に抑えることができる家。

ZEH仕様の住宅は省エネで削減+創エネで削減≒一次エネルギー消費量0

一般住宅でかかる、冷暖房・給湯・照明・家電などの一次エネルギー消費量を、ZEH仕様の住宅では省エネで削減、更に創エネで削減することで、エネルギー収支をゼロ以下に抑えることができるのです。

エネルギー収支をゼロ以下に抑えるための
重要3要素
①UA値 
②1次消費エネルギー 
③創エネ


資料請求はこちら


ZEH住宅実現の3つのポイント

エネルギー収支をゼロ以下に抑えるための重要3要素、
①UA値、②1次消費エネルギー、③創エネ について、ご説明します。

①UA値(外皮平均熱貫流率)

UA値は、家全体の熱の出入りのしやすさを表しています。主に外壁や屋根、床などの外皮に求められる性能の数値で、
外に出て行く熱量(熱損失量)を外皮等面積で割った値です。数値が小さいほど熱の出入りが少なく、断熱性能が高いと言えます。

▼UA値の考え方
UA値の考え方
②1次消費エネルギー

外皮平均熱建築や住宅で用いる冷暖房をはじめ、換気、給湯、照明などの設備機器のエネルギーを熱量換算した合計の値のこと。

③創エネ

「創エネルギー」の略称で、自治体や企業、一般家庭が自らエネルギーをつくり出す考え方・方法のこと。
家庭で用いられる「創エネ機器」は、太陽の光で電気を創り出す「太陽光発電システム」などが主流。

1次消費エネルギーは、例えば高性能のエアコンを使用することで数値が下がりますが、
その分高価になります。

創エネは、UA値や1次消費エネルギーの数値が悪ければ、
より多くの太陽光パネルの枚数が必要となってしまいます。

一番重要なのは、”UA値が小さければ小さいほど良い”という点なのです。


資料請求はこちら


ホーメストが考える『ZEH住宅』

エネルギー収支をゼロ以下に抑えることができるZEH住宅。
一番重要なのは、高い断熱性と気密性を実現し、家自体の資産価値を高めること、とホーメストは考えます。

高断熱 (UA値) X 高気密 (C値) = 資産価値が高い家

<Point1>高断熱 
~業界トップクラスのUA値性能~

ホーメストの家は、「トリプル断熱パネル」を採用。
寒冷地である北海道の基準値を超える断熱性能を実現しています。

[トリプル断熱パネル(特許工法)]

▼UA値の比較
東京の基準値 0.87
北海道の基準値 0.46
ホーメスト 0.18

当社独自モデルによる計算結果であり、その数値を保証するものではありません。

▼パネル構造

ホーメストは「トリプル断熱パネル」により、
寒冷地である北海道の基準値をも超えるUA値0.18を達成

業界トップクラスの断熱性能を実現しています。

<Point2>高気密 
~高い技術力を発揮した気密性(C値)~

省エネ住宅は家が長持ちすることが分かっています。
逆に省エネ住宅でない家は短命な住宅となるのです。
断熱・気密・換気をしっかりと施すと結露に悩まされることがない住宅を手に入れることができ、耐久性のある住宅となります。

[気密処理施工]

▼世界各国のC値(参考データ)
C値 基準・規則
0.5 カナダ新築・パッシヴハウスレベル
0.6-0.7 スウェーデン
0.9 カナダR2000基準、ノルウェー、デンマーク
1.2 フィンランド
2.0 日本1、2地域
5.0 日本3地域以南

 

ホーメストは「徹底した気密処理施工」により世界基準の気密性を目指し

世界基準を上回る、平均C値0.5以下を目指します。



ホーメストのZEH住宅 3つのメリット

①1次消費エネルギー削減【約48%】
当社独自のトリプル断熱パネルの活用で、
ZEH実現のための最重要ポイントとなる「UA値」「C値」を
高次元で実現できます。そのため、生活で使用する光熱費を
大幅に削減することが可能となります。

▼一般住宅との1次消費エネルギー比較
②東京エリアで施工可能な耐火性能
【45分耐火・大臣認定取得※】
トリプル断熱パネルは、当社独自の技術で、『大臣認定』を取得。
(※2018年8月には認定受理予定)
本来は準防火地域では使えない、高い性能値の断熱材を活用して認定を
受けているため、約70%以上が準防火地域と言われている東京エリアでも、
耐火基準をクリアしたZEH住宅の建築が可能となります。

▼大臣認定試験の様子
③高い資産価値を維持
トリプル断熱を用いた高い性能値の住宅だから、
ZEHに対応しているだけでなく、いつまでも快適な住空間を保ちます。
そして、国の基準を高いレベルでクリアしていることが、
ご家族の大切な資産を永きに渡って守ることにつながるのです。
▼一般住宅との1次消費エネルギー比較

▼大臣認定試験の様子



だからホーメストのZEH住宅

UA値0.18を実現!

家の周りを覆う断熱材には世界基準の高性能断熱材を使用、外壁材をタイル仕様とすることで、重厚感のある佇まいを演出。高気密・高断熱かつメンテナンスフリーで、人と地球に優しい高性能住宅の提供を可能としました。

準防火地域で「UA値0.18」という日本屈指の高断熱住宅を実現。

●「高断熱」X「高気密」。永く住まう住宅だからこそ、資産価値としての家づくりを。

東京23区の準防火地域で『UA値0.18』という日本屈指の高断熱住宅を実現しました。建物が密集する都市部で木造住宅を建築する場合、一般的地域の建物構造よりも防災性能を高めなければなりませんが、国土交通大臣認定を取得した独自仕様壁材の為、都市部で断熱性能の高い木造住宅の建築を可能としました。断熱範囲を基礎・屋根とすることで小屋裏の空間も最大限に活用します。高性能断熱材を採用するとともに断熱材の厚みを調節することで断熱性能の向上を図りました。また、ホーメストでは住宅の気密性を表すC値の平均を0.5とすることを目標としています。「高断熱」×「高気密」により、家全体の室温を一定に保ち、外気温の影響を受けにくくします。永く住まう住宅だからこそ、資産価値としてずっと寄り添う家づくりを目指しました。

▼UA値0.18を実現するトリプル断熱パネル構造

●デザインが生まれた理由

日本の住宅性能はZEH普及政策により向上しつつあります。一方で中古住宅市場が拡大する中で、これからの住宅は資産価値として売却時の事を考慮する必要があると感じました。新築住宅の性能が向上し一般的な性能基準が上がることで中古住宅も同じ性能基準が求められるようになります。新築住宅を購入する際に中古住宅として売却することは視野に入れません。だからこそお客様に選択して頂くのではなく標準仕様として安定的に高断熱で高気密な住宅を可能とすることで、将来売却することになっても資産としての価値を生み出せる住宅である必要があると考えました。

▼防火性能を実証する燃焼試験の様子



資料請求・お問い合わせはこちらから