Vol.74/ブラウンシュガーファーストの荻野みどりさん(8月29日)

Vol.74/ブラウンシュガーファーストの荻野みどりさん(8月29日)

今回のゲストは、株式会社ブラウンシュガーファースト 代表取締役の荻野みどり(おぎの・みどり)さんです。

1982年生まれ、福岡県久留米市出身の荻野さん。
2011年に第一子を出産され、
その4か月後、「わが子に食べさせたいかどうか?」を基準に
食材を厳選したお菓子ブランド「ブラウンシュガーファースト」を立ち上げました。
2013年より、「有機エキストラバージンココナッツオイル」を発売、美容・健康にいいと大ブレイク。
ブームの立役者としてテレビ、雑誌等多数のメディアに出演されました。
2017年には、大きな社会問題となっている「フードロス」を解決すべく
「#食べ物を棄てない日本計画」をスタートするなど、注目の起業家です。
著書『 こじらせママ 子育てしながらココナッツオイルで年商7億円 』好評発売中!

<株式会社ブラウンシュガーファースト> http://bs1st.com
<公式通販サイトORGANIC 1ST>http://organic1st.jp

住宅相談コーナー
安全な家を建てるための地震対策

Homeyトークで失敗しないリノベーションの知識をつけていきましょう。
今回は、「安全な家を建てるために必要なこと」を紹介します。

前回のおさらいはコチラから↓

Vol.73/滝ガールの坂崎絢子さん(8月22日)



今回は「安全な家を建てるための地震対策」について

前回のお話では、「耐震、制震、免震について」についてお話しいたしました。
今回は「制震工法、免震工法について」についてお話していきます!



制震工法

柱や梁にダンパーなどの制震部材を設置する工法で、地震の揺れを吸収することが出来ます。
メリットは、取り付けが簡単であるという事です。
かつ、費用も20万円~50万円ほどでそこまで高くはありません。

デメリットは、商品によって軽減率が大幅に変わってしまうことです。
また、大きな地震でダンパーが伸びきってしまうと、チェックするために壁を壊さなければならなくなってしまいます。
天井が低いところには付けられない場合もあります。

免震工法

建物と地面や基礎の間に装置を設置し、地盤と切り離すことにより揺れを直接伝えないようにする工法です。
免震工法では、建物にヒビが入ったり柱が折れたりといった建物そのものへのダメージを抑えることが出来ます。
デメリットとしては、費用が制震装置の3~5倍かかってしまうことです。
ただ、建物に伝わる揺れは6~8分の1になるので、こちらの方が安心ではあります。

制震工法、免震工法共にメリットデメリットや製品による性能の差があります。
家を建てる際にはぜひしっかりと調べて見てください。
次回からは新しいテーマについてお伝えします。
来週のラジオコンテンツもお楽しみに!




銀座ショールーム


住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1 Daiwa銀座ビル7F


TEL:03-6228-5334 / FAX:03-6228-5344



地図




※銀座ショールームへのご来店には予約が必要です。

下記からご視聴いただけます。