Vol.72/日本ローズライフコーディネーター協会の元木はるみさん(8月15日)

Vol.72/日本ローズライフコーディネーター協会の元木はるみさん(8月15日)

今回のゲストは、日本ローズライフコーディネーター協会代表の元木はるみ (もとき・はるみ)さんです。
元木さんは、バラとハーブのある暮らし Salon de Rosesを主宰されています。

バラ歴約30年の元木さんは、現在約250種類のバラを育てながら、バラ文化と育成方法を研究されています。
2003年より、バラの季節の「ガーデン・パーティー」を自宅にて開催し、
2007年に、バラとハーブの勉強会「Salon de Roses」を開かれました。
自宅やカルチャースクール、イベント等で、バラを暮らしに活用する方法とその為の育て方、
バラの歴史や文化その他バラに関する様々なことを紹介しています。
バラのある心豊かな暮らし「ローズライフ」のスペシャリスト「ローズライフ・コーディネーター」の育成にも力を注ぎ、2013年「日本ローズライフコーディネーター協会」を立ち上げました。

<日本ローズライフコーディネーター協会> http://www001.upp.so-net.ne.jp/jrlc/

住宅相談コーナー
安全な家を建てるための地震対策

Homeyトークで失敗しないリノベーションの知識をつけていきましょう。
今回は、「安全な家を建てるために必要なこと」を紹介します。

前回のおさらいはコチラから↓

Vol.71/一般社団法人おにぎり協会の中村祐介さん(8月8日)



今回は「安全な家を建てるための地震対策」について

前回のお話では、「家を建てるときどういった地震対策をすれば良いか」についてお話しいたしました。
今回は「耐震、制震、免震について」についてお話していきます!



地震対策は耐震だけではない!

耐震というのは、建物自体の強さを示すもので一番大切です。
ただ、耐震等級3であっても1の1.5倍の数時までしか耐えられないため、耐震等級が高いだけでは2倍や3倍の地震が来た際に被害が出てしまいます。

では、何も手立てがないのかというとそうではありません。
地震対策には耐震のほかに、制震や免震という自信をやわらげる方法があるのです。
簡単に言うと、制震装置と免震システムがあれば強い地震が来てもその地震の揺れを半減させることが出来ます。

耐震だけでは地震対策として万全であるとは言えません。
家を建てる際はぜひ、制震と免震も意識してみてください。
家を建てる際は、是非耐震等級と崩壊シュミレーションも意識してみてください。

次回は、制震装置と免震システムについてお話しします。
来週のラジオコンテンツもお楽しみに!




銀座ショールーム


住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1 Daiwa銀座ビル7F


TEL:03-6228-5334 / FAX:03-6228-5344



地図




※銀座ショールームへのご来店には予約が必要です。

下記からご視聴いただけます。