Vol.66/プロレスラーの藤波辰爾さん(7月4日)

Vol.66/プロレスラーの藤波辰爾さん(7月4日)

今回のゲストは、プロレスラーの藤波辰爾(ふじなみ・たつみ)さんです。

1935年に大分県で生まれ、1970年に16歳で日本プロレスに入門された藤波さん。
1971年5月にデビュー後、1972年3月には新日本プロレス旗揚げに加わりました。
1974年12月の第1回カール・ゴッチ杯で優勝を飾りました!
1975年6月に海外へ遠征し、その後、カール・ゴッチ氏のもとで修業を積まれました。
1978年1月にはWWWFジュニアヘビー級王座を獲得、同年2月に帰国して、空前のドラゴンブームを巻き起こしました。
1981年10月のヘビー級転向後は、数度にわたりIWGPヘビー級王座、タッグ王座についています。
2006年6月に新日本プロレス退団し、現在は、プロレス団体「ドラディション」を主宰されています。
2015年3月に米国WWEの殿堂入りを果たした藤波さんにお話をうかがいます。

(公式サイト)https://www.dradition.jp/profile/prof_fujinami.html

住宅相談コーナー
リノベーションのオススメ商品

Homeyトークで失敗しないリノベーションの知識をつけていきましょう。
今回も「リノベーションのオススメ商品」を紹介します。

前回のおさらいはコチラから↓

Vol.65/カレー総合研究所 所長でカレー大學学長の井上岳久さん(6月27日)



今回は「ホーメストのオリジナルパネル」について

前回のお話では、「リノベーション、トイレ」についてお話しいたしました。
今回は「ホーメストのオリジナルパネル」についてお話していきます!



特許を取っているオリジナルパネル

ホーメストでは、リノベーションや新陳で使えるイチオシの独自特許パネルを用意しています。
このオリジナルパネルには、大きく分けて3つの特徴があります。

・耐震性能アップ!
・断熱性能も業界トップクラス
・耐火性能で大臣認定を取得している。

性能の良さは大臣認定のお墨付きで、この大臣認定を得ているパネルはおそらく他にありません。
今日はこのうちの「耐震性能」についてお伝えします。

オリジナルパネルの「耐震性能」

ホーメストのショールーム、銀座サロンにはゴムの金槌で実際に叩いてもらって、素材の強さを体感してもらうコーナーがあります。
世の中には建築基準法を満たしていない建造物もあり、最悪の場合はそれが原因で命を落としてしまうこともあり、家というのは安全さが求められるものです。
そのため、責任をもってしっかりとしたものを提供しなければなりません。

ホーメストのパネルは、壁倍率という建築基準法で定められている従来工法よりも、強度の高い仕様になっています。

強度の例を挙げると、筋交いという柱と柱の間に斜めに設置されている木の素材があると従来工法の2倍、木の板を貼った場合は2.5倍です。
ホーメストのパネルなら、特許のビスを使っているためこの強度が5倍になります。
同じ壁面積の家でも、オリジナルパネルの方がより強い家になるのです。

今ある家でも、リノベーションで壁にこのパネルを使用すれば耐震性能の高い家に変わります。
このパネルはホーメストの特許なので、ホーメストでしか使用することが出来ません。

次回もリノベーション商品のオススメとなります。
来週のラジオコンテンツもお楽しみに!




銀座ショールーム


住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1 Daiwa銀座ビル7F


TEL:03-6228-5334 / FAX:03-6228-5344



地図




※銀座ショールームへのご来店には予約が必要です。

下記からご視聴いただけます。