Vol.57/立体造形家で雑貨コレクターの森井ユカさん(5月2日)

Vol.57/立体造形家で雑貨コレクターの森井ユカさん(5月2日)

今回のゲストは有限会社ユカデザイン 代表取締役森井ユカさん。

立体造形家で雑貨コレクターである森井ユカさん。
小さいものを作ることと愛でることが好き過ぎて仕事にまでしてしまいました。
立体造形では粘土を使ったキャラクターデザインを中心に作成されています。
世界の日用雑貨を収集し、書籍にまとめたり各メディアで解説などされている雑貨コレクターでもあります。
専門学校桑沢デザイン研究所では、よりよい生活を考えるゼミ科目『LIVING DESIGN』を担当されています。
(公式HP)http://www.yuka-design.com/

住宅相談コーナー
リノベーションの準備

Homeyトークで失敗しないリノベーションの知識をつけていきましょう。
今回も前回に引き続き、「リノベーション」についてお話していきます!

前回のおさらいはコチラから↓

Vol.56/キッチンブランド「remy」代表の和田率さん(4月25日)



今回は「リノベーションの準備」について

前回のお話で、日本の断熱についての基準が全国で8つの区分で規定されたというお話をいたしました。
今回は「シックハウス対策」についてお話していきます!



シックハウス症候群とは?

シックハウス症候群とは、家が原因で様々な体調不良が引き起こされてしまうことです。
シックハウスを作らないために、下記3つの制限が設けられています。

1・内装仕上げの制限
2・換気設備の義務
3・天井裏などにも使用してはいけない素材の制限


内装仕上げとは

内装仕上げとは、壁紙や床のフローリングなどのをさします。
「ホルムアルデヒド」という、人体に悪影響を及ぼす物質がどれだけ含まれているかが基準です。

これには「ホルムアルデヒド放散等級」という基準があり、一番良い基準が「F☆☆☆☆」となり、1段階下がるごとに☆の数が減っていきます。

新築では、基準がしっかりとあるため等級の低いものは使用できなかったり、使用範囲に資源がありますが、リノベーションの場合はその決まりがありません。
安さを売りにしている場合は、この☆が付いていなかったり、少なかったりする可能性もあるため注意が必要です。

換気について

実は、1時間で0.5回、2時間で1回、1日にすると12回家の空気を丸ごと入れ替えられなければならない、という法律があります。

素材にも気を使い、換気もしっかりと出来るようにして、シックハウスを作らないようにすることが大切です。
リノベーションに関しても、法的な規定などはありませんが気を付けるようにしてください。



リノベーションの準備

このラジオを聴いてチェックをしていけば、
安全で快適な暮らしが出来るようになるリノベーションができますので、是非参考にしてみてください!

次回のラジオコンテンツもお楽しみに!




銀座ショールーム


住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1 Daiwa銀座ビル7F


TEL:03-6228-5334 / FAX:03-6228-5344



地図




※銀座ショールームへのご来店には予約が必要です。

下記からご視聴いただけます。