Vol.53/女優の竹下景子さん①(4月4日)

Vol.53/女優の竹下景子さん①(4月4日)

今回のゲストは、女優の竹下景子さん。

1953年9月15日生まれで愛知県名古屋市出身の竹下景子さん。
東京女子大学 文理学部社会学科卒業し、NHK『中学生群像』出演を経て1973年NHK銀河テレビ小説『波の塔』で本格的デビューを果たしました。
映画『男はつらいよ』のマドンナ役を3度務め、『学校』では第17回日本アカデミー賞 優秀助演女優賞を受賞。
2007年には舞台『朝焼けのマンハッタン』『海と日傘』で第42回紀伊國屋演劇賞 個人賞を受賞しました。
テレビ・映画・舞台への出演の他、2005年日本国際博覧会「愛・地球博」日本館総館長を勤められました。
現在では「世界の子どもにワクチンを日本委員会」ワクチン大使、国連WFP協会親善大使、京都国立博物館文化大使、C・C・C富良野自然塾でのインストラクターなど幅広く活動していらっしゃいます。

(公式HP)http://www.takeshitakeiko.net/

住宅相談コーナー
確認しておきたい耐震性能

リノベーションを行うことは一つの夢でもあります。
大きな決断をする前に、Homeyトークで失敗しないリノベーションの知識をつけていきましょう。
今回も前回に引き続き、「リノベーション」についてお話していきたいと思います!

前回のおさらいはコチラから↓

Vol.52/トラベルライターの伊佐知美さん(3月28日)



リノベーションにおける耐震性能について

前回のお話で、リノベーションをする前にチェックしなければならない項目が10項目ありました。
まずは、その項目の一つである「耐震性能」についてお話していきます。

建築物には、国から定められている必ずクリアしなければならない基準・等級があり、
その中でも『耐震等級』と呼ばれるものがあることを皆さんご存知でしょうか。

耐震性能のレベルと言い換えることができるこの「耐震等級」はレベル1からレベル3まであります。
このレベル1に到達さえしていれば家を建てることができるのです。
さらに、国から定められているこの耐震等級1についてこんなことが書かれています。

耐震等級1
"きわめて稀に(数百年に一度程度)発生する地震力に対し倒壊せず、
稀に(数十年に一度程度)発生する地震力に対し、損傷しない"


これに対し、耐震等級2は耐震等級1の1.25倍の力に対して損傷を生じない。
耐震等級3は耐震等級1の1.5倍の力に対して損傷を生じないものと定められています。



耐震等級の最低レベルで家が建てられてしまう

先ほどの耐震等級についての説明を受け、一度で理解できる方はなかなかいないと思います。
なぜならぼんやりとした記述のためです。

さらに「極めて稀に(数百年に一度程度)発生する大きな地震」はここ20~30年で3回ほど起きています。
阪神淡路大震災を始め、東北地震、熊本地震と様々です。
これらの自然の驚異を防ぐために、家の耐震等級は3にするのがベストといえます。

しかし実際は耐震等級1でも家は建てられます。
そこに怖さがあるのです。



耐震性能を確認

耐震等級1でも家を建てることができます。
・地震が起こった際に倒壊がしにくく、損傷を受けても生活ができる
という点が重要なポイントとなっており、
新築の3階建てなら構造計算を行わなければならないのに対し、
2階建てはこの構造計算を行わなくて良いのです。

そのため、この基準があやふやなまま生活している可能性もあるのです。

新築に関して例を挙げましたが、リフォームではなおさら、
どのような基準で建てられているのかを今一度チェックしてからリノベーションを考えてみてください。

リノベーション


次回のラジオコンテンツをお楽しみに!

銀座ショールーム


住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1 Daiwa銀座ビル7F


TEL:03-6228-5334 / FAX:03-6228-5344



地図




※銀座ショールームへのご来店には予約が必要です。

下記からご視聴いただけます。