Vol.43/落語家でタレントのヨネスケさん①(1月24日)

Vol.43/落語家でタレントのヨネスケさん①(1月24日)

今回のゲストは、落語家でタレントのヨネスケさん。

高校卒業後、1967(昭和42)年、桂米丸氏に弟子入りし、
内弟子として噺はもちろんのこと、箸の上げ下げから礼儀を叩き込まれました。
その人情味あふれるキャラクターから幅広い年齢層に親しまれ、
日本テレビの「突撃!隣の晩ごはん」では、全国津々浦々の家庭にいきなり訪問。
アポなしの訪問ながら、最終的に歓迎されてしまうのは、やはりヨネスケさんの人柄を感じられます。
また、その話芸はもちろんのこと、そこから繰り出されるヨネスケさん独特の野球論は、
ジャイアンツのファンだけでなく、野球ファン全体をも魅了しています。
本職である、落語ではヨネスケ流「野球落語」を創作、披露し、寄席も数多くこなしています。
講演会やトークショーも「突撃!隣の晩ごはん」の裏話や
「スポーツ」などをテーマに全国各所にて行っており、
今後もジャンルを越えた大いなる活躍が期待されます。

(公式ブログ)http://blog.livedoor.jp/yonemeshi/
(所属事務所)https://furutachi-project.co.jp/profile/yonesuke/

住宅相談コーナー
ニオイの気になる人には

前回に引き続き、今回もニオイについてお話していきます!

前回のまとめ

木造住宅で扱う『木』は室内の湿度を50%前後に保つ、湿度調整をする効果があることをお話しました。

実は木というものは、室温が18度だった場合、湿度は40%に。
室温が24度の場合は、湿度が60%に、というように温度によって湿度が変化するのです。

他にも床材に木を使うことで、細菌やダニの発生を防ぐことができるという効能があります。

木の効能についてご紹介

木の香りには消臭効果も備わっており、人によっては気分が爽快になる人もいらっしゃるといいます。
なぜ、樹木に囲まれると落ち着いたり、清々しく感じるのでしょうか?

それは木が『フィトンチッド』を発散しているからです。

植物は絶えず攻撃してくる微生物から身を守らなくてはなりません。
そのため木は『フィトンチッド』を発散することで微生物から自分を守ろうとします。
森林では死骸などの様々な堆積物がありますが、それでも私たちが悪臭を感じさせないのはこの
フィトンチッドのおかげなのです。
フィトンチッドは一つの成分のことを指しているわけではなく、50種類もある成分をまとめてそう呼んでいます。

木を使った製品から木のニオイを感じたことはないでしょうか?
これはフィトンチッドの成分の一つなのです。

他にも様々な効能が

ここまでニオイに関してお話してきましたが、木には他にも様々な効能が分かっており、
吸音・遮音・断熱から始まり、紫外線を吸収して代わりに赤外線を出すといった女性に嬉しい効能まであります。

一昔前に話題になった『1/fゆらぎ』も木の年輪からも感じることができ、
例えば壁に木を使用することで、常に年輪が見える生活を送れるため、コンクリート構造とは違ったゆらぎ効果を期待できるのです。

これらのことを踏まえて、お家造りの参考にしてみてはいかがでしょうか

銀座ショールーム


住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1 Daiwa銀座ビル7F


TEL:03-6228-5334 / FAX:03-6228-5344



地図





※銀座ショールームへのご来店には予約が必要です。

下記からご視聴いただけます。