Vol.36/「家電製品総合アドバイザー」の安蔵靖志さん(12月06日)

Vol.36/「家電製品総合アドバイザー」の安蔵靖志さん(12月06日)

今回のゲストは、IT・家電ジャーナリストで「家電製品総合アドバイザー」の安蔵靖志(あんぞう・やすし)さん。
ビジネス・IT系出版社で編集記者を務めた後、フリーランスでご活躍。
総合情報サイト「日経トレンディネット」や雑誌「週刊プレイボーイ」などで執筆中です。
ラジオ番組『キャイ~ンの家電ソムリエ』にも出演中!

詳しいプロフィールはこちら↓
安蔵靖志 プロフィールトップ:https://allabout.co.jp/gm/gp/30/

住宅相談コーナー
駐車場について前回のおさらい

前回に引き続き、マンションと一戸建てはどちらがお得か?

今日は前回のおさらいを質問形式で振り返っていきます!

Q1.
車の駐車スペースを確保する際に必要な幅と奥行きは、何m×何mでしょうか?  

Q2.
東京都の平均坪単価はどのくらいでしょうか?

駐車場

Q3.
Q1の駐車スペースである2.5m×5mという面積は、平米数に直すと12.5平米、坪数ならば4坪弱になります。
このとき、駐車スペース分の土地価格はいくらになるでしょうか?

Q4.
1%の金利で100万円を35年ローンで借りた場合、一ヶ月に返済する金額は「2,822円」(※この数字についてもっと詳しく知りたい方はコチラ)となります。
このとき、1,052万円を借りるとすると、月々の返済はいくらになるでしょうか?


>> 答えはこちら

駐車場

答え

A1.
車の駐車スペースを確保する際に必要な幅と奥行きは2.5m×5mです。
この数字は1台当たりの駐車スペースの目安(最低値)とされています。
詳しく書くと 幅 2.5m × 長さ 5.0m 車路幅 5.0mです。

A2.
東京都の平均坪単価は263万円です。
ちなみに、東京都の高い区では580万円、低い区では90万円です。
東京都は高いところと低いところの差が特に激しい場所でもあります。

A3.
駐車スペース分の土地価格は1,052万円です。
この数字は東京の土地単価(263万円)×4坪で算出できます。

A4.
駐車場の土地価格、1,052万円を借りるとすると、月々の返済は29,687円です。
東京で駐車場の面積を2.5m×5m分確保し、その土地を購入するとなると1,052万円もかかることになります。

駐車場だけで考えると・・・。
マンションなら、月々約3万円で35年分支払った場合、1,052万円は経費として引かれますので自分の資産にはなりません。
しかし一戸建てなら、支払った1,052万円は自分の資産になります。

ここが両者の最大の違いです。

自分の資産となるものにお金を出すのかどうかが重要になります。

これらを踏まえて、先を見据えた購入を考えていきたいですね!
次回は相続税の違いについて、二つの視点からお話していきます!


駐車場と固定資産税について知りたい方はコチラ

下記からご視聴いただけます。