Vol.32/元キックボクサーの魔裟斗さん(11月08日)

Vol.32/元キックボクサーの魔裟斗さん(11月08日)

今回のゲストは、元キックボクサーで、俳優・タレント・スポーツ解説者でもある魔裟斗(まさと)さん。
1979年生まれ、千葉県出身の魔裟斗さんは、日本人初のK-1 WORLDMAX王者で、2009年に現役を引退されました。
引退後は、スポーツ解説者、タレントとして、TV、雑誌などで幅広く活躍されています。
妻で女優の矢沢心さんと夫婦でパーソナリティーをつとめる、ラジオ番組『笑顔のミナモト』に出演中です。

■公式HP:http://www.k-masato.com/

住宅相談コーナー
新築を建てるときの予算


今回は注文住宅とマンションではどちらがいいのか? ということについて、
気になる質問に答えていきたいと思います。

マンション・家を買おうと思ったとき、何を決めてから探し始めるでしょうか。

きっと予算だと思います。
どの会社さんでもまずは予算がいくらかというのを決めてから、間取りや場所を提案していくのが一般的です。

更に、家を計画される方には大きく分けて2つのパターンがあります。
1つ目は、現在はお家に住んでおり、土地も持っているため、建物だけ建て替えたり、住み替えたいという方。
2つ目は、今は賃貸や社宅、またはご両親と住んでいる方が、ご自分で土地の購入から考えたいという方。
この2パターンがあります。

そこで今回は予算についてお話していこうと思います。
この予算というのは住宅業界では「資金計画」と呼ばれています。
賃貸に住んでいる方が家を建てるときに何を目安にして家を建てるかというと、今住んでいる家の家賃を目安にして建てられる方が多いのです。
今の家賃が10万円なら月10万円の返済で建てられるお家を探すといった感じです。

現在では家を建てる9割以上の方が住宅ローンを借りています。
東京都内で2LDKの平均的な家賃は18万円と言われています。
例えばこの18万円を30年間、賃貸で払い続けた場合、総額はいくらになると思いますか?

答えは6,480万円です!
よく考えてみると大家さんに30年もかけて6,480万円も払い続けていることになりますね。
それならそのお金は自分のために使いたいと、賃貸より新築を建てられる方が多いのです。

また、住宅ローンは最長で35年、金利においては25年前の5.5%だった頃に比べて、かなり低くなっていて、現在1%前後です。
そのため家は今最も買い時だと言われています。

1%金利、35年の返済で100万円を借りるとすると、毎月の返済額は2,822円になります。
では、家賃が10万円だとすると、いくら借入れできるのでしょうか?

(10万円÷2,822円)×100万円=3,542万円

この「3,542万円」が予算の目安になる金額なのです!

次回は今日に引き続き、弾き出された予算からマンションと注文住宅の話をしていきたいと思います。

下記からご視聴いただけます。